アルバイトしながら転職活動はつなぎとしてあり?なし?

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

貯金も少なくなってきたし、転職活動しながらアルバイトしようかな

そう考えたことはありませんか?

アルバイトしながら転職活動をすることは問題ではありませんが注意すべきことがあります。

それは、アルバイトはあくまでもつなぎということ。

本来転職をしたくて活動をしているのにアルバイトメインになっては本末転倒です。

そこで今回は過去にアルバイトをしてきた方に独自アンケートとり、理由もお聞きしたので合わせて紹介します。

つなぎバイトおすすめサイト

この記事でわかること

  • アルバイトしながら転職活動をしていた人の割合
  • アルバイトをした理由
  • アルバイトしながら転職活動はありなのか?

早く転職を決めたいのなら転職エージェントの利用が最短ルートになります

転職活動中につなぎとしてアルバイトするのはあり?なし?

独自でアンケートをとりました

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答を集計。
調査対象:転職活動を行ったことがある20代~60代の男女
有効回答数:200名 
調査機関:クラウドワークス
調査期間:2023/7/1~2023/7/10
※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

半分以上の方がアルバイトをしたことがあると回答結果になりました。

もっと少ないと思っていたのでこの結果には驚きでした

転職活動中にアルバイトをするメリット

収入が安定する

転職活動中にアルバイトをする最大のメリットは、収入が得られることです。

転職活動は時間とお金がかかるものですが、アルバイトをすることで生活費や交通費などの必要経費をまかなうことができます。

また、収入があると精神的にも安定し、自信を持って転職活動に臨むことができます。

スキルや経験が身につく

転職活動中にアルバイトをすると、スキルや経験が身につくこともあります。

アルバイト先で新しいことを学んだり、異なる業界や職種に触れたりすることで、自分の可能性や適性を広げることができます。

また、アルバイト先での実績や評価を転職先にアピールすることもできます。

キャリアの探索

転職活動中に様々なアルバイトを経験することで、自分がどのような職業や業界に興味があるのか、またはどのような仕事に適性があるのかを探索することができます。

これは、自己理解を深め、より適切な職業選択を行うための重要なステップです。

転職活動中にアルバイトをするデメリット

時間やエネルギーの消耗

転職活動は、履歴書や職務経歴書の作成、企業のリサーチ、面接の準備や受験など、多くの時間やエネルギーを要します。

アルバイトをすると、その分、転職活動に割くことができる時間やエネルギーが減少します。

また、アルバイトのシフトや勤務時間によっては、転職活動のスケジュールに影響を与える可能性もあります。

転職活動中にアルバイトをする場合は、自分のペースや優先順位を見極めて、無理のない範囲で行うことが重要です。

転職意欲の低下

アルバイトをすることで、一定の収入や安定感を得ることができます。

しかし、それが逆に転職意欲を低下させる原因になることもあります。

アルバイトに満足してしまったり、転職活動への不安や恐怖心が強まったりすると、本来の目標である転職へのモチベーションが失われてしまう可能性があります。

転職活動中にアルバイトをする場合は、自分の目的や理想のキャリアを常に意識して、転職意欲を維持することが大切です。

過度のストレス

仕事探しとアルバイトの両方を同時にこなすことは、ストレスを増加させる可能性があります。

転職活動は精神的な負担が大きく、アルバイトを行いながらそれを行うと、適切にリラックスしたりリカバリーする時間が減少するかもしれません。

アンケート結果、過去にやっていたアルバイトとその理由

先ほどのアンケート結果でアルバイトをしたことがある人に以下の質問をしました。

追加の質問

  • 過去にやっていたアルバイトはなんですか?
  • アルバイトをした理由を教えてください

回答結果はこちら

やっていたアルバイト一覧
  • 工場
  • 引っ越し屋
  • 飲食店(カフェ・レストラン・居酒屋)
  • 塾講師
  • コンビニ
  • コールセンター
  • ケーキの売り子
  • 新聞配達
  • デリバリー

アルバイトをした理由はこちら

アルバイトをした理由
30代男性
30代男性

生活費が底をつきそうだったため

20代女性
20代女性

少しでも収入が欲しかったから

40代男性
40代男性

つなぎの収入が欲しかった

20代女性
20代女性

お金がないため

30代女性
30代女性

直ぐに就職先が決まるか分からなかった為です

20代女性
20代女性

無職で収入が無かったため生活が苦しかったからです

40代男性
40代男性

無職で収入が無かったため生活が苦しかったからです

30代女性
30代女性

毎日家でだらだらしているのはダメかなと思ったのでから

30代男性
30代男性

接客業をすることで社会経験を積みたかったから

30代女性
30代女性

気分転換に

やはり生活費がなくなってきた理由が多い回答でした。

また、社会人経験を積む、転職活動の気分転換といった回答もありました。

孤独な転職活動、少しでも転職した時の経験値になるようになど前向きなご意見もありました。

働かずに転職活動をする場合の注意点

市場での評価が低下する可能性

働かずに転職活動をすると、自分のスキルや経験が陳腐化したり、市場価値が下がったりする可能性があります。

また、履歴書や面接で現在の雇用状況を説明する必要がありますが、退職理由やブランク期間について納得できる回答を用意するのは難しいでしょう。

これらのことから、働きながら転職活動をする人よりも、採用される確率が低くなる可能性があります。

収入や生活費の確保が難しくなる

働かずに転職活動をすると、当然ながら収入が途絶えます。

そのため、貯金や退職金などの資金源をどれだけ持っているか、また、生活費や転職活動費用などの支出をどれだけ抑えられるかが重要になります。

しかし、転職先が見つからない場合や、予想よりも時間がかかる場合もあります。

そのような状況では、資金的に苦しくなったり、精神的に不安になったりする可能性があります。

モチベーションや自信の維持が難しくなる

働かずに転職活動をすると、日々の生活にリズムや目標が失われることがあります。

また、転職活動で失敗や挫折を経験することも多いでしょう。

そのような状況では、自分の能力や価値に疑問を持ったり、モチベーションや自信が低下したりする可能性があります。

これは、転職成功に必要なポジティブな姿勢や行動力に影響を与えることもあります。

正社員への転職は絶対なのかを自分に問う

自分のキャリアについて考えるとき、正社員への転職は絶対なのかという疑問が浮かぶことがあります。

正社員として働くことには、安定した収入や福利厚生、キャリアアップの機会などのメリットがあります。

一方で、長時間労働やワークライフバランスの乱れ、自分のやりたいことと合わない仕事などのデメリットもあります。

正社員への転職は自分の将来にとって本当に必要なのか、それとも他の働き方も選択肢に入れるべきなのか、自分に問うことは大切です。

自分の価値観や目標、ライフスタイルに合った働き方を見つけるためには、正社員への転職を絶対視せずに、幅広く情報収集や自己分析を行うことが必要です。

正社員のメリット

安定した収入と福利厚生

正社員は、契約社員や派遣社員などの非正規雇用と比べて、安定した収入を得ることができます。

また、社会保険や退職金などの福利厚生も充実しています。

これらは、将来の生活設計やキャリアプランに大きな影響を与えます。

スキルアップの機会

正社員は、企業の中核的な業務に携わることが多く、自分の専門性や能力を高めることができます。

また、研修や資格取得の支援など、スキルアップの機会も豊富にあります。

これらは、自分の価値を高めるだけでなく、転職や昇進の際にも有利になります。

キャリアアップの可能性

正社員は、企業の長期的な戦略に沿って働くことが期待されます。

そのため、成果や貢献度に応じて、昇絶や昇格のチャンスがあります。また、管理職やリーダーなどの役職に就くことで、より大きな責任や権限を持つことができます。

これらは、自分のキャリアアップにつながります。

正社員のデメリット

時間的な制約

正社員は、企業の規則や文化に従って働く必要があります。

そのため、勤務時間や休日などに自由度が低くなります。

また、残業や休日出勤などの時間外労働も多くなる可能性があります。

これらは、自分のプライベートな時間や趣味などに影響を与えます。

仕事のプレッシャー

正社員は、企業の目標や期待に応えるために、高いパフォーマンスを求められます。

そのため、仕事の量や質に対するプレッシャーやストレスが高まります。

また、人間関係や職場環境などにも悩むことが多くなります。これらは、自分の精神的な健康に影響を与えます。

ワークライフバランスの難しさ

正社員は長時間働くことが求められることが多く、プライベートの時間を確保するのが難しい場合があります。

必ず定時にあがれることは難しいのでプライベートとのバランスをとることが厳しいです。

スピーディに転職を決めたいなら転職エージェントを利用

スピーディに転職を決めたいなら転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは、あなたの希望やスキルに合った求人を紹介してくれるだけでなく、履歴書や面接のアドバイスもしてくれます。

また、転職エージェントは企業との交渉も代行してくれるので、年収や待遇のアップも期待できます。

転職エージェントを利用することで、時間と労力を節約しながら、より良い転職先を見つけることができます。

転職エージェントは多数ありますが、自分に合ったものを選ぶことが重要です。

評判やサービス内容を比較して、信頼できる転職エージェントを探してみましょう。

転職エージェントを利用するメリット

専門的なサポート

転職エージェントは、あなたがどのようなキャリアを望んでいるのかを理解し、あなたのスキルセットに合ったポジションを見つけることに長けています。

彼らは企業との面接をセットアップし、応募書類の作成や面接の準備など、転職活動の全体的なプロセスを支援します。

これにより、あなたは自分の専門性に集中し、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

豊富な情報源

転職エージェントは市場の動向を把握し、公には出てこない求人情報にもアクセスしています。

このような情報源は、あなたが自己のキャリアを形成する上で貴重なものとなり、自分だけでは見つけられないチャンスを得ることができます。

交渉力

転職エージェントはあなたが望む給与や働き方を実現するために、企業との間で交渉を行うことができます。

この専門的な交渉力は、あなたが十分な価値を受け取ることを保証し、職場での満足度を高めます。

おすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

業界最大手の転職実績と多数の求人を持ち、全国に拠点を構える転職エージェントです。

効率的な転職活動ができるサービスやツールも充実しており、様々なニーズに応えることができます。

特徴
  • 業界最大手の転職実績
  • 求人数が多い
  • 全国に拠点がある
  • 効率的な転職活動ができる

DODA

求人サイトと転職エージェントの両方の機能を持ち、転職者満足度1位のサービスです。

国内最大級の転職フェアた非公開求人イベントなどリアルな情報収集の機会も豊富です。

また、WEBサービスやオンラインツールで効率的に転職活動を進めることができます。

特徴
  • 求人サイトと転職エージェントの2つの機能を使える
  • 転職者満足度1位を獲得
  • 国内最大級の転職フェアを定期的に開催している
  • WEBサービスとオンラインツールで転職活動を支援
  • 非公開求人の閲覧や応募ができるイベントも開催

dodaの詳細はこちら

パソナキャリア

パソナの社内カンパニーとして、年収アップや女性の転職に強い転職エージェントです。

質の高い求人や親身なサポートが特徴で、無料登録で利用できます。

特徴
  • 人材派遣の大手パソナの社内カンパニー
  • 年収アップに強い
  • 親身なサポート
  • 女性の転職支援に力を入れている

パソナキャリア公式サイトはこちら

転職エージェント おすすめ5選 総合型転職エージェントおすすめ5選を紹介!選び方の注意点も解説!

まとめ:つなぎバイトはありだけど転職エージェントを効率よく使おう

転職活動中の「つなぎバイト」は収入源として有効で、時間も有効に使えます。

ただし、バイトが転職活動を邪魔しないようバランスを保つことが重要です。

また、転職エージェントの利用は、求人選びや業界情報の提供により効率的な転職活動を実現します。

つまり、つなぎバイトで生活を支えながら、転職エージェントのサポートで理想の職を追求することが可能です。

これが転職活動の成功への道筋と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA