NeuroDive(ニューロダイブ)の口コミ・評判は?利用者の声を調査!

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

この記事ではNeuroDive(ニューロダイブ)の口コミ・評判を紹介しています。

SNSなどで調査をしたところ、特に、質の高いカリキュラムや学ぶ環境の意見が目立ってました。

ITを深く学びたい人にとってはおすすめの1つになります。

今すぐ利用したい人はこちらのWEB説明会へ、口コミ・評判をみてから決めたい人はこの記事を読み進めてください。

NeuroDive(ニューロダイブ)の詳細はこちら

NeuroDive(ニューロダイブ)の悪い口コミ・評判

まずはじめにNeuroDive(ニューロダイブ)の悪い口コミを紹介します。

良い口コミが多い中、悪い口コミもありました。

学習までに時間がかかるという悪い口コミ・評判

NeuroDive(ニューロダイブ)は学習に時間がかかるという口コミです。

AIの学習は複雑なのでどうしても時間がかかります。

根気強く学ぶ姿勢が重要になってきます。

NeuroDive(ニューロダイブ)の悪い口コミの総評

NeuroDive(ニューロダイブ)の悪い口コミは現状では1つのみでした。

学習には時間がかかるので期間が長く感じるかは個人差がありそうですね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の良い口コミ・評判

続いてNeuroDive(ニューロダイブ)の良い口コミの紹介です。

どんな口コミがあるのか楽しみですね。

1つずつみていきましょう。

高年収も狙えるという良い口コミ・評判

NeuroDive(ニューロダイブ)を利用することで高年収も狙えるという口コミです。

最新のAIを先に学ぶことで企業側からは必要な存在になることでしょう。

修徳まで苦労はありますが、苦労の後に得られるものは多いです。

就職活動に繋げやすいという良い口コミ・評判

利用期間中に制作した成果物をポートフォリオとして活用し、就職活動につなげるフローが整っていたのです。自己アピールが苦手な私の場合、言語コミュニケーションよりポートフォリオの方が能力を示しやすいだろうと思いました。

公式サイトより引用

NeuroDive(ニューロダイブ)は利用期間中に制作したものをポートフォリオとして利用することが可能です。

他のサービスだと制作物が利用できないことが多いです。

制作物を利用できることで就職活動をスムーズに行うことができます。

質の高いカリキュラムがあるという良い口コミ・評判

高度なプログラミング講座やITアドバイザーの指導、質の高いカリキュラムに惹かれ、Neuro Diveを選択。有料の学習サービス「Udemy」を無料で受講し、自己学習を進められる点も魅力でした。

公式サイトより引用

NeuroDive(ニューロダイブ)のカリキュラムは質が高いという口コミです。

有料制のUdemyをNeuroDive(ニューロダイブ)利用者であれば無料でできる点も大きなメリットです。

有料の教材は質が高いものが多いので学習には最適です。

切磋琢磨しながらスキルを磨けるという良い口コミ・評判

周りには学歴も学習意欲も高い利用者が多く、切磋琢磨しながらスキルを磨ける点も魅力です。先輩の中にはコミュニケーションが苦手な人もいましたが、自身の特性を活かしながら就職していく姿を見て、励みにもなりました。

公式サイトより引用

NeuroDive(ニューロダイブ)は学習意欲が高い人たちが多く通っています。

意欲が高い人たちの集まりだと自然と学習に身が入ります。

環境はそれだけ人を成長させてくれるということですね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の良い口コミ総評

NeuroDive(ニューロダイブ)の良い口コミを調査したところ、多くの満足した声がありました。

特に、質の高いカリキュラムや学ぶ環境の意見が目立ってました。

公式サイトには他にも利用者の声がありますので是非チェックしてみてくださいね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の口コミをみる

NeuroDive(ニューロダイブ)の2つのデメリット

NeuroDive(ニューロダイブ)のデメリット
  • 働きながら利用できない
  • 通う場所は多くはない

NeuroDive(ニューロダイブ)のデメリットは以上のようになります。

利用方法や通う場所はしっかりと確認しておきましょう。

デメリット①:働きながら利用できない

NeuroDive(ニューロダイブ)は働きながら利用できません。

求職者を対象とした事業所なので働いている人の利用はお断りしています。

働いている場合は辞めてからNeuroDive(ニューロダイブ)を利用することになりますので注意しましょう。

デメリット②:通う場所は多くはない

NeuroDive(ニューロダイブ)は現状5つのみの事業所です。

場所は秋葉原、渋谷、横浜、大阪、福岡です。

通えない場合はオンラインでも受講が可能です。
>>NeuroDive(ニューロダイブ)のオンラインはこちら

NeuroDive(ニューロダイブ)5つのメリット

NeuroDive(ニューロダイブ)のメリット
  • データを活用した先端IT分野が学べる
  • ITアドバイザーによる学習サポート
  • 自分に合った学習方法
  • オンラインでも受講可能
  • 学習講座は常にアップデート

NeuroDive(ニューロダイブ)のメリットは以上のようになります。

数ある中から5つに厳選しました。

1つずつみていきましょう。

メリット①:データを活用した先端IT分野が学べる

NeuroDive(ニューロダイブ)はデータを活用したITを学ぶことができます。

AIや分析など幅広く学ぶことができます。

興味関心があると学習が楽しくなってきますね。

メリット②:ITアドバイザーによる学習サポート

NeuroDive(ニューロダイブ)にはITアドバイザーがいます。

IT分野の専門家がいるのでわからないことがあってもサポートしてくれます。

メリット③:自分に合った学習方法

NeuroDive(ニューロダイブ)は自分に合った学習方法で学ぶことができます。

周りに合わせるのではなく、自分自身のレベルや目標に合わせて学習計画を決めていきます。

自分に合った学習方法によって挫折することも少なく継続できる仕組みになっているのは安心です。

メリット④:オンラインでも受講可能

NeuroDive(ニューロダイブ)はオンラインでも受講可能です。

利用したくても通うのが難しいお住まいの人の救世主となるサービスです。

自宅で受けることができるので始めるハードルも低いです。

メリット⑤:学習講座は常にアップデート

IT分野の情報スピードは早いです。

NeuroDive(ニューロダイブ)はいち早く情報をキャッチし、学習講座に反映しています。

最新情報を学べるので受ける側は大変ありがたいことです。

公式サイトには他にもメリットが多くありますので是非チェックしてみてくださいね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の詳細はこちら

NeuroDive(ニューロダイブ)をおすすめしない人

NeuroDive(ニューロダイブ)をおすすめしない人
  • 長期的に勉強するのが苦手
  • IT分野に興味関心がない
  • グループで学習をしたい

以上のような人はNeuroDive(ニューロダイブ)をおすすめしません。

知識が身に付くまではどうしても期間がかかります。

早く成果を求める人にとっては相性が悪いでしょう。

NeuroDive(ニューロダイブ)をおすすめする人

NeuroDive(ニューロダイブ)をおすすめする人
  • IT分野を学び就職を目指している
  • 通所、オンライン両方利用できるサービスがいい
  • 自分に合った学習方法で学びたい
  • しっかりとしたサポート体制で学習したい
  • AIのスキルを身に付けたい

以上のような人はNeuroDive(ニューロダイブ)の利用を検討してみてください。

NeuroDive(ニューロダイブ)はIT分野に興味がある人にとっては相性がいいサービスでしょう。

常に最新状態の学習講座になっているので正しい知識を習得することができます。

はじめにWEB説明会で詳しい内容を聞くことができるので是非体験してみてくださいね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の詳細はこちら

NeuroDive(ニューロダイブ)についてよくある質問

どれくらい通いますか?
NeuroDive(ニューロダイブ)利用者は週5回通っている人が多いですが、慣れるまでは週3回からのスタートがおすすめです。
最長どれくらいまで利用できますか?
NeuroDive(ニューロダイブ)は最長2年間を目安にスキルアップを目指しています。
体験利用は1日ですか?
NeuroDive(ニューロダイブ)の体験は約1週間~2週間です。
学習スタイルはなんですか?
NeuroDive(ニューロダイブ)は動画視聴によるeラーニング形式で学習します。
学習に土日は利用できますか?
NeuroDive(ニューロダイブ)の学習利用時間は平日の10:00~16:00になります。

NeuroDive(ニューロダイブ)の運営会社情報

社名パーソルダイバース株式会社
本社〒108-0075 東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東 6F
事業内容障害者雇用に関わる有料職業紹介事業・コンサルティング事業、就労移行支援事業、 事務アウトソーシング、食品の製造および販売、農業及び農産物の販売、 繭・生糸及び絹糸の加工並びにその製品・加工品の開発及び販売
サポート体制精神保健福祉士、GCDF-Japanキャリアカウンセラー
第2号職場適応援助者(ジョブコーチ)、障害者職業生活相談員

NeuroDive(ニューロダイブ)についてのまとめ

この記事のまとめ
  • NeuroDive(ニューロダイブ)は学習に時間がかかるという口コミがあった
  • NeuroDive(ニューロダイブ)には質の高いカリキュラムがある
  • 有料教材Udemyを無料で使える
  • ITアドバイザーによる学習サポートしてくれる
  • 自分に合った学習方法でITを学べる

この記事では以上の内容をお届けしました。

NeuroDive(ニューロダイブ)は学ぶのに時間がかかりますが、質の高いカリキュラムがあります。

有料教材Udemyを無料で使えるのもNeuroDive(ニューロダイブ)独自の強みですね。

NeuroDive(ニューロダイブ)はWEB説明会を無料開催しています。

気になる質問なども回答してくれるので一度参加してみてくださいね。

NeuroDive(ニューロダイブ)の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA