【必見】平日の転職面接対策!転職4回の筆者が教える日程調整法

【必見】平日の転職面接対策!転職4回の筆者が教える日程調整法

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

転職活動は大変ですよね。

特に平日の面接は仕事や家庭の都合を調整しながら参加するため、日程が合わないものが多いです。

私も転職4回の経験があり、仕事をしながら面接の調整に苦労しました。

過去の経験から仕事で忙しい人ほど転職エージェントを利用した方がいいいと過去の経験から学びました。

1人で面接調整するよりも転職エージェント経由で調整していた方が仕事をしながらでも苦労することなく、面接に臨むことができました。

今回は転職エージェントを利用してよかったことを体験談を交えてご紹介します。

転職エージェントを使ってよかった3選

転職エージェントを使ってよかったこと3選
  • スケジュールの手間が省ける
  • 過去の求職者の事例を持っている
  • 自分で言いにくいことを代行してくれる

転職エージェントを使ってよかったこと3つは以上のようになります。

それぞれみていきましょう。

スケジュールの手間が省ける

転職エージェントは、あなたの希望に合わせて企業側に面接日程を調整してくれます。

直接企業との直接のやり取りがないため、自分でスケジュールを調整する手間が省けます。

これにより、転職活動にかかる時間と労力が軽減され、より効率的に転職活動を進めることができます。

過去の求職者の事例を持っている

転職エージェントは、過去にサポートした求職者の事例を持っており、成功事例や失敗事例から学んだノウハウを提供してくれます。

これにより、自分が陥りがちな間違いを避けたり、成功への道筋を見つけることが容易になります。

過去にオンライン面接で車の中でも対応可能の企業の事例をお聞きした時はネットの情報だけでは手に入らないと感じました。

自分で言いにくいことを代行してくれる

企業側が設定した面接には行けないので再調整をお願いをするのは言いにくいですよね。

そんな悩みを転職エージェントは代行してくれます。

ただし、何回も再調整をするのは自分の印象を悪くしてしまうので1回で再調整ができるようにしましょう。

転職エージェントに相談する前にすべきこと

転職エージェントに面接日程を相談する前にすべきこと

面談の時に平日は厳しい事を伝える

転職エージェント登録したら電話、オンライン、対面での面談があります。

面談の際に、仕事をしながら転職活動をすることを事前に伝えることでエージェント側も急に平日は行けないというトラブル防止にも繋がります。

事前に話すことで求人を紹介する際に時間外や土日対応をしてくれる企業を優先に紹介してくれるのでよりスムーズにやり取りが進みます。

面接できる日程を把握

仕事の繁忙期や忙しい時期は会社により違います。

ご自身で年度末などの繁忙期を避けたり、月初は比較的余裕があるので有休をとりやすいなどあると思います。

年間、月間スケジュールを一度整理してこの時期、時間帯ならいけることを記録しておきましょう。

面接日程を調整する際の注意点

面接日程を調整する際の注意点

本業を休みすぎない

今まで休んでいなかった人が急に休むようになったら会社側ももしかしたら辞めるのでは?と疑いを持ちます。

休みすぎると本業にも迷惑がかかるので、半休をとったり、1日休みをとって複数社の面接を入れるなどして工夫しましょう。

私も立て続けに面接を入れて本業を休むようになってから転職のことを話していた同僚から少し怪しまれているという話を聞いたので、休む際のバランスをとりながら調整しましょう。

仕事のスキマ時間の面接はリスクが高い

外回りをしている方はスキマ時間で面接ができるメリットがありますが、リスクが高いです。

急な仕事の連絡がくる可能性があり、取引先や本業に面枠をかけることになります。

面接をする際は半休か有休をとり面接に行くことをおすすめします。

余裕を持ったスケジュール管理

仕事前や就業後に面接を設定する際に本業に支障のない範囲で調整することが大事です。

特に仕事後に面接を入れる際は突発的な仕事が入ったことも想定した時間設定をすることが大事です。

電車が遅れたり、面接場所がわからなくなる可能性もあるので余裕を持った予定を立てましょう。

なかなか仕事休めない時の対策

面接日程を調整する際の注意点

体調不良を使って休む

多くは使えない方法ですが、休めない時に使う方法の1つです。

志望度が高い企業に使う程度にしておきましょう。

また、家族の理由や平日しか対応してない自宅訪問の点検があるなどの理由だと違和感なく休むことができます。

オンライン面接を活用

面接に進んだ際、企業にオンライン面接が可能か確認しましょう。

2次面接までであれば対応してくれる企業は最近は多い傾向です。

しかし、最終面接は対面の企業が多いので気を付けましょう。

休日出勤を使い、代休で平日に行く

仕事内容や会社の方針によって左右されますが代休制度がある会社は活用しましょう。

事前に当番制で休日出勤が決まっている場合は代休の日を決めやすいですが、突発的に休日出勤が入ってしまった場合の面接日程調整とのバランスが難しいので注意をしましょう。

面接だから休みたいというのはリスクが高い

面接だから休みたいというのはリスクが高い

上司に転職の話をするのは内定をもらってからにしましょう。

転職=ネガティブなイメージを持つ人は多いので、今までと対応が変わる可能性もあります。

最悪早めに退職を打診されるリスクもあります。

正直に伝えれば理解してくれる上司の方もいるとは思いますが、確率的に低いので面接だから休む内容は控えましょう。

面接調整に苦労した筆者体験談

私自身、転職を4回経験してきましたが、平日の面接日程調整にはかなり苦労しました。

当時の私は、首都圏に勤務ではなく、スーツを着る仕事ではなかったので半休をとり、1時間半かけ一度帰宅してから面接に臨みました。

転職活動の求人は転職エージェント経由でしたので午前中や夕方の時間に無理を言って調整してくれました。

大変助かりましたが、働きながらの反省した点は一度に複数の面接を入れてしまったことです。

早く仕事を決めたい気持ちがあったため複数同時進行で選考をしていました。

仕事をしながらだったので立て続けに休んでいることが怪しまれた時期もありましたし、仕事をしながら複数企業の面接準備をするのには限界を感じました。

仕事をしながらこそ焦らずに転職活動をすればよかったと思いました。

まとめ:転職エージェントを利用してスムーズな面接日程調整を実現しよう

転職エージェントを利用してスムーズな面接日程調整を実現しよう

今回は仕事をしながら平日の転職面接の対策法を紹介しました。

転職するときって、面接の日程調整が本当に大変ですよね。

でも、転職エージェントを使うと企業側とのやり取りや日程調整を代行してくれ、その手間を省けます。

転職エージェントを利用することで、転職活動の時間と労力を節約し、より転職活動に集中することができます。

特に仕事で忙しい人や、面接の日程調整に悩んでいる人は、登録無料なので検討をしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA