ハローワーク求人は意外な穴場!転職活動で成功する秘訣

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

親世代であれば当たり前だったハローワーク。

現在ではあまりメインで使う人はいなくなった傾向にあります。

しかし、ハローワークは「穴場」と言われる求人が眠っています

私はハローワークなんてブラック企業ばかりのイメージを持っていたので登録すらしていませんでした

なかなか決まらなく仕方なく、登録をして求人を探していたところ、穴場求人に出会い転職。

職場環境も良く、転職成功をしました。

偏見を持つのではなく、まずは利用してから考える。それでも遅くはありません。

ハローワークは無料で使えるサービスなので利用しないのはもったいないです。

今回はハローワークが穴場と言われる理由やメリット、デメリット、体験談を中心にお伝えします。

自分の強みがわからない方向け

目次

ハローワークを使ったことがある人は90%

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答を集計。
調査対象:転職活動を行ったことがある20代~60代の男女
有効回答数:200名 
調査機関:クラウドワークス
調査期間:2023/7/17~2023/7/24
※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

独自でアンケートをとったところ、90%の人がハローワーク利用を経験していました

ハローワーク求人が穴場と言われている理由

豊富な求人情報

ハローワークは、たくさんの会社が求人情報を出しています。

そのため、色々な職種や条件の仕事が見つかります。

また、ハローワークだけでしか見つけられない仕事もあるんです。

つまり、ハローワークを使うことで、自分だけの特別な仕事を見つけることができるかもしれません。

専門的なアドバイザー 

ハローワークには、転職エージェントのようなプロはいないんでしょ?とイメージを持ちがちですが、仕事探しのプロフェッショナル、つまりアドバイザーがいます。

彼らは、あなたが何を得意とし、何を求めているのかを聞いて、最適な仕事を紹介してくれます。

自分一人で考えていては気づかないような新しい仕事の可能性を教えてくれるかもしれません。

ハローワークだけの求人

ハローワークでだけ見ることができる特別な求人情報です。

一般の求人サイトには出てこないため、競合する応募者が少なく、自分にぴったりの仕事を見つけるチャンスが広がります。

地元の企業や特定のスキルを求める企業からの信頼も厚く、自分だけに向けられた特別な機会と言えるでしょう。

ハローワークの未公開求人をチェックすることで、新しい扉が開かれるかもしれません。

ハローワークのイメージをお聞きしました

WEBアンケートでハローワークと聞いてどんなイメージを持つのかお聞きしました。

ハローワークと聞いてどんなイメージがありますか?
40代女性
40代女性

意外と穴場な求人が多いし、親身になって相談に乗ってくれる

30代男性
30代男性

失業者が溢れて陰気な雰囲気であまり行きたくない

20代女性
20代女性

求人の質が悪い。(ブラック企業などが多い)

40代男性
40代男性

求人にブラック企業が多いイメージ。また専門職には強い

50代男性
50代男性

求人サイトに載っていないような地方の中小企業を探すにはいい

私自身もマイナスな印象を最初は持っていました。

しかし、中小企業の求人が多い、意外と穴場求人が多いなど良いイメージの回答もありました。

偏見はありますが、まずは利用をしてみてご自身で退官することをおすすめします

ハローワーク求人のメリット

ライバルが少ない

ハローワークを利用する人は、一般の転職サイトに比べて少ないかもしれません。

そのため、同じ仕事に応募する人が少ない可能性があります。

つまり、競争が少ないので、自分が欲しいと思う仕事を手に入れやすいのです。

地元企業が多い

ハローワークには、全国各地の地元企業がたくさん求人情報を出しています。

このため、自分の住んでいる地域での就職を希望する人にとっては非常に便利なツールとなるでしょう。

地元の中小企業や、地域に根ざした業態の企業が多く掲載されているので、地域社会に貢献したいという願望を持つ人にもぴったりです。

また、地元での就職は通勤時間の短縮や、地域とのつながりを深めることにも繋がります。

ハローワークを通して、地元で活躍する企業の多岐にわたる求人情報にアクセスできるため、地域密着型の職探しをする上で、有益な情報源となります。

無料で利用できる

ハローワークのサービスが全て無料で利用できるのは、転職活動の大きなメリットです。

求人情報の検索、応募方法の相談、キャリアカウンセリングなど専門的なサポートが費用をかけずに受けられ、特定の分野や職種に特化した相談も可能です。

費用の心配なく専門的な支援を受けられるハローワークは、新しいキャリアへのステップとして頼りがいのある場所と言えるでしょう。

ハローワーク求人のデメリット

応募手続きが面倒

ハローワークでは、一部の求人については、直接ハローワークの窓口に行って手続きをしなければならないことがあります。

オンラインで簡単に応募できる一般の転職サイトとは異なり、物理的に足を運ばなければならない場合もあるため、少し面倒に感じることがあるかもしれません。

特に忙しい方や遠くに住んでいる方にとっては、この手続きがハードルに感じることもあります。

開庁時間が限られている

ハローワークの開庁時間は通常、平日の日中に限られており、土日祝日は休みであることが一般的です。

そのため、既にフルタイムで働いている人にとっては、窓口に足を運ぶ時間を確保するのが難しいかもしれません。

これにより、サポートを受ける機会を逃す可能性もあるので注意が必要です。

ブラック企業に注意

ハローワークには多岐にわたる求人がありますが、中には労働条件が厳しい、あるいは労働環境が良くないとされる企業も含まれていることがあります。

こういった企業は俗に「ブラック企業」と呼ばれることがあります。

応募前に企業の評判や労働条件をよく確認するなど、慎重に情報収集を行う必要があるでしょう。

ハローワークの職員に相談することも、安心して応募するための一歩となります。

ハローワーク求人を上手に使うコツ

土曜日や夜間に開庁しているハローワークを利用する

仕事を持っている人にとって、平日の日中にハローワークを訪れるのは難しい場合が多いでしょう。

しかし、土曜日や夜間に開庁しているハローワークもあるため、そのようなハローワークを利用すれば、自分のスケジュールに合わせて求人情報を探すことが可能になります。

各ハローワークの開庁時間は異なることがあるので、事前に調べて訪問すると良いでしょう。

インターネットサービスを活用する

ハローワークはインターネットでも求人情報を提供しています。

これを利用すれば、自宅やカフェなど、好きな場所から求人情報を探したり、応募したりすることができます。

特に新しい求人が登録されるとメールで知らせてくれる機能があるため、求人情報を逃さずチェックできるというメリットもあります。

ハローワークインターネットサービスはこちら

オンライン自主応募に対応している求人を探す

ハローワークの求人の中には、オンラインで直接応募できるものもあります。

これを利用すれば、ハローワークの窓口に足を運ばずに応募が可能となり、忙しい方や遠くに住んでいる方でもスムーズに応募することができます。

特に現在のコロナ禍で外出を控えるようになった現状では、このオンライン応募機能は非常に便利なオプションとなるでしょう。

転職活動にハローワークが合う人

住んでいる地域で働きたい人

ハローワークは地元の企業が多く掲載しているので、現在の地域で就職先を見つけたい方には最適です。

地域密着型の求人情報が豊富なため、通勤時間を短縮したい人や、地域社会に貢献したい人にもぴったり。

地域の情報に詳しい担当者からのアドバイスも受けられるため、地元での就職がスムーズに進むでしょう。

新しい職種に挑戦したい人

ハローワークには、様々な職種の求人情報があります。

そのため、新しい分野や職種に挑戦したい人には、多岐に渡る選択肢が提供されています。

未経験の分野でも、ハローワークの担当者が丁寧に対応してくれるので、安心して挑戦することができるでしょう。

キャリアチェンジを考えている人にとって、新たな道を開くサポートとなります。

無料で転職活動をしたい人

ハローワークの利用は完全に無料です。

求人情報の検索から応募、相談まで一切お金がかかりません。

転職は生活の大きな変化であり、初めての人にとっては不安も多いもの。そのような中で、無料で専門的なサポートを受けられるのは大きな安心感を提供します。

転職活動にお金をかけたくない、無駄な出費を抑えたいと考えている人にとって、ハローワークは非常に良い選択肢となるでしょう。

転職活動にハローワークが合わない人

高い専門スキルを求める人

ハローワークは多岐に渡る職種の求人を提供していますが、特定の高度な専門スキルを求める人には最適でないことがあります。

特別な技術分野や高い専門性を必要とするポジションの求人は比較的少なく、このような求職者は専門的な転職サイトや特定業界に精通したエージェントの利用が適しているかもしれません。

これらのサービスは特殊な要件を持つ求人情報へのアクセスを容易にし、高度な専門スキルを活かした転職活動の選択肢となります。

インターネットでの求人検索を好む人

ハローワークは窓口対応が主で、インターネットを中心に求人情報を集めたい人には必ずしも合致しないことがある。

オンラインサービスもありますが、専門的な転職サイトに比べて機能が劣ることもあり、全ての求人が公開されていない場合もあるため、完全にオンライン活動を希望する人には不便に感じることがあります。

インターネット主体の求人検索を希望する人は、専門的な転職サイトやアプリの利用を検討すると良いでしょう。

速やかな転職を望む人

ハローワークの求人情報は地域密着型で中小企業の求人が多く、急な転職を望む人には制約があることも。

地域によって求人のバラつきがあり、窓口対応が中心なためスピーディな対応が困難な場合があります。

急いで転職活動を進めたい人は、他の転職サイトやエージェントと併用して、求人情報の幅を広げ、効率的に転職先を見つけることがおすすめです。

ハローワークと転職サイト、エージェントの比較:どの手段が穴場か?

ハローワーク

ハローワークは政府が運営する公的な求人情報サービスで、利用は無料です。

地元の企業や中小企業の求人情報が豊富で、一部の企業はハローワークを通じてしか求人情報を出さない場合もあります。

しかし、大手企業の求人情報が少ないことや、応募手続きが少し面倒な点がデメリットとして挙げられます。

転職サイト

転職サイトはインターネット上で利用できるサービスで、大手企業や特定の職種に特化した求人情報が見つかります。

また、企業の詳しい情報や働く人の声なども紹介されているので、自分の希望に合った企業を見つけやすいです。

しかし、人気の求人は競争率が高くなることがデメリットとして挙げられます。

転職エージェント

転職エージェントは、転職を希望する人を支援するプロフェッショナルの専門家です。

エージェントはあなたのスキルや経験、希望条件をもとに、最適な求人を探してくれます。

また、面接のアドバイスや履歴書の添削など、転職活動全般をサポートしてくれます。

しかし、エージェントが提案する求人が限られることがデメリットとして挙げられます。

ハローワーク、転職サイト、転職エージェント比較表
ハローワーク転職サイト転職エージェント
特徴政府運営の公的な求人情報サービス。無料で利用可能。インターネット上のサービス。大手企業や特定職種に特化した情報が見つかる。転職を希望する人を支援する専門家。求人の紹介から面接対策まで支援。
利点地元の企業や中小企業の求人情報が豊富。一部の企業はハローワークを通じてしか求人情報を出さない場合も。大手企業の求人情報や企業の詳しい情報、働く人の声が見つかりやすい。最適な求人を探してくれ、転職活動全般をサポート。
注意点大手企業の求人情報が少ない。応募手続きが面倒。人気の求人は競争率が高い。提案する求人が限られる。

この表を見て、自分の求める条件や状況に最も合ったサービスを選ぶことが重要です

ハローワーク経由で転職をしたことがある人は63%

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答を集計。
調査対象:転職活動を行ったことがある20代~60代の男女
有効回答数:200名 
調査機関:クラウドワークス
調査期間:2023/7/17~2023/7/24
※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

独自アンケートの結果、ハローワーク経由で転職した人は63%。

たくさんの転職サイト、転職エージェントがある中で63%の数字は個人的には多いと感じました。

使えるサービスを使い倒すことで転職成功確率を上げていくことが重要ですね

体験談】ハローワーク経由で転職成功した話

初めての転職。

私はハローワークを使わずに活動をしていました。

理由はハローワークはいい求人がないから。

親からも利用を勧められましたが、利用はせず、転職サイト、転職エージェントを中心に活動をしていました。

仕事を辞めてから転職活動をしてたので2ヶ月決まらないあたりから焦りがでてきます。

貯金もなくなってきたしどうしよう。そこで仕方なくハローワークを利用することに。

すぐ転職できると思ったので失業保険の手続きもしていなかったのでまずはそこから。

初めての転職だったので失業給付までの制限期間があるなど知らなかったのでまずそこで後悔。

ハローワーク登録後、求人探しに毎日通ってました。

転職活動3ヶ月目に転機が訪れます。

地元企業の求人があり、残業も月に10時間、仕事内容も自分の経験が活かせそうだったので迷わず応募。

面接まですんなり進み、予定では面接は2回でしたが、1回で内定をもらうことができました。

年収は前職よりも下がりましたが、職場の人間関係も良く、居心地のいい職場で4年半勤務しました。

もちろんタイミングもありますが、最初からハローワークも使えばよかったなと後悔しました。

実は転職経験者はハローワークには穴場求人はないと思っている人が多い

転職活動経験者にアンケートで聞いたところ、穴場求人がないと思う人が多かったです

調査方法:インターネット上でのアンケート調査を行い、回答を集計。
調査対象:転職活動を行ったことがある20代~60代の男女
有効回答数:200名 
調査機関:クラウドワークス
調査期間:2023/7/17~2023/7/24
※Web媒体にて本アンケートを引用される場合、出典を明記した上で本記事へのリンクをお願いいたします。

まとめ:ハローワークに穴場求人はある!実際に使ってみて体感しましょう!

ハローワークという名前だけで偏見を持ってしまい、利用しないことは、転職活動の成功への道を遠のかせてしまうかもしれません。

筆者自身、初めての転職活動でハローワークを使わなかったことに後悔しています。

地域密着型の企業の求人情報が豊富で、地元での就職を希望する方に穴場であり、最適な場所なのです。

ハローワークを穴場として利用するメリットは、無料で利用でき、多岐にわたる職種から選ぶことができることです。

ただし、ハローワークだけに偏ってしまうと成功確率が落ちてしまうので、転職サイトや転職エージェントのサービスも同時に使いつつ転職活動をすることをおすすめします。

大手企業への転職や高度な専門スキルを求める方には、他の転職サイトとの併用も考えるべきでしょう。

偏見を捨て、自分に合った方法でハローワークを活用することで、転職活動がより成功に近づく一歩となります。

最適な職場を見つける旅に、ハローワークは確かなパートナーとなるでしょうが、多角的なアプローチが成功への鍵です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA