転職活動と副業、どっちを選ぶべき?メリット・デメリットを解説

この記事には広告を含む場合があります。

記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

こんなお悩みありませんか?

  • 今の会社に不満がある
  • もっと収入を増やしたい
  • 新しいことに挑戦したい

仕事に対する悩みや目標は人それぞれです。

そんなとき、転職や副業という選択肢が浮かび上がります。

転職と副業は、どちらも自分の働き方を変える大きなきっかけとなるものです。

しかし、どちらが自分に向いているのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、本記事では、転職と副業のメリット・デメリットを解説します。

転職活動や副業に悩んでいる方の参考になれば嬉しいです

転職するメリット

収入アップ

転職によって収入を増やすことは多くの人にとって大きなメリットです。

現在の職場よりも高い給料を提供してくれる企業へ転職することで、生活の質を向上させることが可能になります。

また、特定のスキルや経験を求めている企業では、それらを高く評価してくれるため、より高い給料を交渉することができるかもしれません。

収入アップは直接的な生活、モチベーションアップに繋がります。

キャリアアップ

転職はキャリアをステップアップさせる絶好の機会です

キャリアアップが見込める新しい職場では、これまでの経験を生かしてより高いポジションを目指すことができ、評価として給料アップにもなります。

また、新しい環境では新たな挑戦が待っており、それを乗り越えることで自己成長を果たすことができます。

キャリアアップはあなた自身の評価を高め、将来的な転職活動でも有利になります。

ワークライフバランスの改善

ワークライフバランスを改善することも転職を検討する一つの理由です。

長時間労働や過度なストレスから解放され、プライベートな時間を充実させることができます。

また、リモートワークやフレックスタイム制度を提供している企業への転職は、働き方の自由度を高め、生活の質を向上させることにつながります。

転職するデメリット

転職活動の負担

転職活動は非常にエネルギーを使います

主に転職活動でやること
  • 履歴書、職務経歴書の作成
  • 求人検索
  • 面接準備

転職活動は時間と労力を必要とします。

特に仕事をしながら転職活動をする際には、仕事との両立が求められるため、ストレスを感じやすくなります。

この負担は精神的な疲れを引き起こすことがあり、時には体調を崩すことことも。

だからこそ、転職活動を計画的に進め、必要に応じて休息を取ることが大切です。

新しい環境への不安

新しい職場では、人間関係や業務内容がガラリと変わるため、不安を感じることがあります。

特に初めての業界や職種に挑戦する場合、スキルが足りているのか、うまく馴染めるのかといった不安が頭をよぎります。

新しい環境への適応は時間がかかることが多いので、焦らず少しずつ慣れていくことが大切です。

給与や待遇が下がる可能性

転職をすることで、必ずしも給与や待遇が良くなるとは限りません。

特に異業種への転職や、未経験の職種への挑戦の場合、給与が下がる可能性があります。

また、ベンチャー企業など設立がまだ浅い企業は福利厚生が充実していないこともあり、これまで受けられていた福利厚生がなくなることも考えられます。

転職先を選ぶ際には、給与だけでなく、福利厚生や労働条件をしっかりと確認し、トータルで判断することが重要です。

メリット・デメリットまとめ

メリット
  • 収入アップ
  • キャリアアップ
  • ワークライフバランスの改善
デメリット
  • 転職活動の負担
  • 新しい環境への不安
  • 給与や待遇が下がる可能性

転職を検討しているのなら転職エージェントを使うべき理由

使うべき理由はこちら

  • 豊富な求人情報
  • プロのキャリアアドバイス
  • 企業との調整

豊富な求人情報

転職エージェントは多くの企業と連携しているため、非公開求人を含む豊富な情報を提供してくれます。

転職サイトには載っていない非公開求人といわれるものがあるので転職エージェントを経由することでライバルもかなり減ります。

プロのキャリアアドバイス

経験豊富なエージェントがあなたのスキルや経験を踏まえて、適切なキャリアプランのアドバイスをしてくれます。

書類の書き方や面接対策、本番でやりながら慣れるのも大事ですが、第一志望の企業だと失敗はできません。

再応募はまたハードルがあがるのでプロのアドバイスを受けることは大きな強みとなります。

企業との調整

面接日程の調整や、条件交渉など、企業とのやりとりを代行してくれるため、転職活動がスムーズに進みます。

特に内定後の年収交渉。

つい内定通知書のまま合意をしてしまいがちですが、ダメ元でも転職エージェントにお願いしてみるのはありだと思います。

私は年収交渉により、380万→400万にアップできました

 副業をするメリット

収入アップ

副業を始める最大のメリットの一つが収入の増加です。

本業以外に収入源を持つことで、生活の質を向上させることができます。

また、急な出費があった際にも、経済的な余裕を持つことが可能です。

ただし、副業をする際には税金の申告が必要になることもあるため、しっかりと情報を収集し、適切な手続きを行うことが大切です。

スキルアップ

副業を通じて、本業では身につけられないスキルを習得することができます。

これにより、自身の市場価値を高め、将来的なキャリアの選択肢を広げることが可能になります。

また、異なる分野での経験は、本業においても新しい視点をもたらし、パフォーマンスの向上に繋がることがあります。

新しいことに挑戦できる

副業は新しいことに挑戦するチャンスを提供します。

自分が本当にやりたかった仕事や、興味を持っていた分野に挑戦することで、仕事のやりがいや満足感を得ることができます。

本業の安定した収入があるからこそ副業では思い切ったチャレンジができるのがなによりも強みです

自由な働き方ができる

副業をすることで、自由な働き方を実現することが可能です。

特にフリーランスや個人事業主として副業を行う場合、自分のペースで仕事を進めることができます。

これにより、ワークライフバランスの向上や、自身のライフスタイルに合った働き方を実現することができます。

副業にもWEBライター、動画編集などのクライアントワーク型とブログ、YouTubeなどの1人で運営するやり方があります。

個人的には仕事がクライアントワークなので副業はブログやYouTubeなどのマイペース型がおすすめです

成果に時間はかかりますが、クライアントワーク型だと体調を崩してしまう可能性があるので注意しましょう。

副業をするデメリット

本業への影響

副業を始めると、本業に十分な時間やエネルギーを割くことが難しくなる場合があります。

特に副業が忙しい時期に重なった場合、疲れが溜まり、本業のパフォーマンスが低下する可能性があります。

また、本業と副業の両方でストレスが溜まると、体調を崩す可能性もあります。

副業を行う際には、本業に支障をきたさないよう、時間管理をしっかりと行い、体調を崩さないよう注意が必要です。

余裕がない場合は副業はおすすめしません

税金や労働基準法の遵守が必要

収入が一定額を超えると、確定申告を行い、税金を納める必要があります。

また、副業を行うことによって、所得税や住民税が増える可能性があります。

税金の計算や申告は複雑であり、知識がないと誤ってしまう可能性があります。

適切な申告を行うためには、税理士などの専門家に相談するとよいでしょう。

さらに、労働基準法も遵守する必要があり、副業の時間が長くなりすぎると、法的な問題が発生することもあります。

もちろん自分で学ぶことも大事です

税金に関するおすすめ本

メリット・デメリットまとめ

メリット
  • 収入アップ
  • スキルアップ
  • 新しいことに挑戦できる
  • 自由な働き方ができる
デメリット
  • 本業への影響
  • 税金や労働基準法の遵守が必要

副業禁止の会社なら副業OKの会社へ転職も検討

副業が許可されている会社への転職を検討することで、あなたの可能性を大きく広げることができます。

副業を通じて新しいスキルを学び、異なる業界や職種での経験を積むことは、あなたのキャリアにとってプラスになるでしょう。

また、追加の収入源を得ることで、経済的な安定も図ることが可能です。

各種転職サイト内にて「副業OK」と検索したら以下の件数になりました

【転職サイト別】副業OK記載の求人
  • doda 1257件
  • リクナビNEXT 533件
  • はたらいく 14件
  • マイナビ転職 343件
  • エン転職 435件
  • type 276件

※2023年11月2日調べ

1番多いのはdodaで圧倒的な数でした

dodaの詳細はこちら

転職と副業のどっちに向いている

収入アップやキャリアアップを重視する人:転職

収入の大幅なアップや、キャリアパスの飛躍的な向上を望む場合、転職が有効な手段となります。

新しい職場では、これまでの経験やスキルを評価され、より高い給与や役職が得られる可能性があります。

また、大手企業や業界トップの企業への転職は、キャリアのステータスを高める効果も期待できます。

新しいスキルや経験を身につけたい人:副業

現在の職場では学ぶことのできない新しいスキルや経験を身につけたい場合、副業が適しています。

副業では、異なる業界や職種での仕事を経験することができ、自身のスキルセットを拡充することが可能です。

本業収入がある分、副業では色々な挑戦ができるのがメリットです

自由な働き方をしたい人:副業

自由な働き方を求める人には、副業がおすすめです。

特にフリーランスや個人事業主としての副業では、自分のペースで仕事を進めることができ、ワークライフバランスを重視することが可能です。

また、自分の得意な分野で働くことができるため、仕事の満足度を高めることができます。

転職活動と副業を両立する場合の注意点

時間配分を工夫する

転職活動と副業を両立させるためには、効率的な時間管理が欠かせません

まずは、自分のスケジュールをしっかりと把握し、転職活動に充てる時間を確保することが重要です。

例えば、副業の仕事が終わった後や週末を利用して、転職活動に専念することができます。

また、短時間でも効果的に転職活動を進めるために、求人情報のリサーチや応募書類の作成など、具体的なタスクをリストアップしておくと良いでしょう。

スキマ時間を有効活用していきましょう

副業を慎重に選ぶ

副業先を選ぶ際には、転職活動に影響を与えないよう、注意が必要です。

できるだけ時間的な制約が少なく、柔軟に働ける職種や企業を選ぶと良いでしょう。

例えば、クライアントワークの副業(WEBライター、動画編集など)は納期が決まっているので副業を頑張りすぎてしまうと本業に影響がでてしまうので注意です。

本業と副業の両方を大切にする

本業と副業の両方を大切にし、どちらかに偏らないよう心がけましょう。

本業が忙しい時期は、副業の仕事量を調整するなどして、バランスを取ることが大切です。

また、転職活動も重要なタスクであるため、十分な時間とエネルギーを割くようにしましょう。

両立が難しい場合は、副業を一時的に控えるなど、柔軟に対応することが重要です。

成果まで時間はかかりますが、ブログやYouTubeは自分のペースでできるのでおすすめです

まとめ

転職と副業は、どちらも自分の働き方を変える大きな可能性を秘めた選択肢です。

どちらが自分に向いているかは、自分の目標や状況によって異なります

もちろん、転職と副業を両立することも可能です。

ただし、本業に支障をきたさないように、時間配分や副業先の選定には注意が必要です。

気軽に始められるのは副業なのでまずは始めてみてはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA